国営昭和記念公園へのアクセスと散策の”足”「レンタサイクル」「パークトレイン」について

国営昭和記念公園へのアクセスと散策の”足”「レンタサイクル」「パークトレイン」について

「国営昭和記念公園」(以下「昭和記念公園」)は、東京ドーム40個分の広さです。

花や紅葉は別記事で書いていますが、
ここでは園内を周る手段、乗り物やアクセスについて書きたいと思います。

「歩き」でしか周ったことのない人、
「パークトレイン」に乗ったことがない人、
「乗り方」など参考にして、より園内を満喫してください♪

 

 icon-arrow-circle-right コスモスについてはこちらをどうぞ
 ⇒ 「昭和記念公園の3ヶ所のコスモス(過去7回訪歴まとめ)」

 

Advertisement

 

自転車で周るのが1番効率的

健康のために園内を歩いてもいいのですが、
全て周ろうと思うとかなり広いため1日では周りきれません。

私は歩く根性が全くないので(←自慢にならない)
たいてい「レンタサイクル」で周ります。
(両親と行く時は「パークトレイン」)

園内を周る”足”として便利なのはもちろんですが、
正直、全長14kmのサイクリングコースを
サイクリングするだけでも十分楽しめます!

自然の中を颯爽と風や、草木・花の匂い感じながら、
とにかく気持ちがいいです!

街中をサイクリングするのと全然違います!
気候のいい季節は、ぜひ自転車で周ってみてください♪

 

 

サイクリングコースは上り・下り専用道路

「上り専用」「下り専用」と分かれていて、
一方通行なので逆走しないように気を付けましょう。

コースの路面の至る所に、進行方向に矢印 ⇒ が描いてあり、
「行く先」も描いてあるので、わかりやすいです。

コースは緩やかなアップダウンもあるのですが、
園内のレンタサイクル(貸自転車)は3段ギア付きなので楽ちんです♪

2人乗り用の「タンデム」もあるので楽しめます。

 

 

駐輪場

下の「レンタサイクル(貸自転車)」の「園内マップ」を見ると
駐輪場Pがサイクリングコースの途中にたくさんあります。

下図のような感じで
このマークのある所が「駐輪場」です。

コース途中に停めず、駐輪場に停めましょう。

 

Advertisement

.

 

レンタサイクル(貸自転車)


※図は拡大します

 

 

貸出場所

自転車は3ヶ所で借りることができます。(合計約2,000台)

・「立川口サイクルセンター」(A-4)
・「西立川口サイクルセンター」(B-7)
・「砂川口サイクルセンター」(J-7)

 

料金

全長14kmのサイクリングコースがあり、貸自転車は3時間410円です。

520円で1日乗り放題もあり、3時間半より長く滞在するならお得です。

レンタサイクル
  料 金

大人(15歳以上)
・3時間…410円 (30分ごとに70円)
・1日券…520円

小人 (中学生以下)
・3時間…260円 (30分ごとに30円)
・1日券…310円

昭和記念公園公式サイトには一部
「利用時間は閉園の1時間前まで」となっていますが、
「閉園30分前まで」(貸出は1時間前まで)です。

 

自転車の種類

・サイズは18~26インチ
・かご付自転車、タンデム自転車(2人乗り)、
 子供用チェア付き自転車、一輪車など
・子供用自転車

※「一輪車」は「立川口」のみでの貸出しです。
※ 補助輪付き自転車は危険なためサイクリングロードでは利用できません。
 (貸出しもしていません)

ハンドルもいわゆる「ママチャリ」タイプと
「フラットバー」タイプがあります。

一度だけ、普通の自転車が出払ってしまい、
チェア付きのしかないと言われ、借りたことがありました(笑)

 

 

土日混雑期は借りられないことも…

無料開園日や桜やコスモス、紅葉の時期の土日は
混雑していて、3ヶ所で2,000台ある自転車も
全て出払ってしまうこともあります。

「サイクルセンター」のチケット売り場が長蛇の列の時もあるようです。


写真は「立川口」の中から外を撮影したものですが、
写っていませんが、右端(入口から見たら左側)にサイクルセンターがあります)

11:30くらいまでに入っても借りられないこともあるようで、
10時頃行った時、すごい列で諦めたと言っていた知人もいました。

開門と同時に入園するのがいいかもしれませんね。

 

私は殆どお昼頃から行きますが、
借りられなかったことは一度もありませんでした。

一度だけ紅葉の時期に10~20分くらい並びましたが借りられました。

午前中で帰る人や、ちょうど3時間で返却する人が
いるおかげで、タイミングが良かったのかもしれません。

 

 

持ち込み自転車

持ち込み自転車もOKです。

持ち込み料金などはかかりません

持ち込み自転車は5ヶ所の昭和記念公園入口から入れます。

上の「園内マップ」にあるA~Eの5ヶ所の入口です。

ただし、「立川口」「西立川口」は
「歩行者用」と「自転車持ち込み用」と
入口が分かれているので注意!

「立川口」「西立川口」のみ
「持込自転車入口」
と書いた所から入ります

 

西立川口(自転車持込口)

Advertisement

 

パークトレイン

効率よく周るには自転車が1番ですが、

自転車に乗れない人や体力に自信のない人、
観光気分を味わいたい人などは園内を走っている
「パークトレイン」が便利なのでどうぞ!

5種類の「パークトレイン」が走っています。

icon-arrow-circle-right昭和記念公園公式サイト「パークトレイン」について  こちら

 

 

運行ルートや時間に注意!

季節によって、また、土日祝日、混雑具合によって
運行時間やルートが変更になるので注意してください。

ルートによっては通らない停留所もあるので、公式サイトで事前に確認してください。
(「運行予定表」や「ルート」、「時刻表」はサイトに掲載されています)

 

例えば2018年10月のルートと時刻表は下表の通りですが、
「平日」「土曜」「日曜」で違うので注意してください。


※画像は拡大します。

 ①ルート 

 ③ルート 

ちなみに、9月上旬までの②「夏ルート」は
駅近くの停留所「立川口」「レイクサイドレストラン前」には
停まらないのがちょっと意外でした!
(本音は「暑いのにあんな所まで歩くのか?」ですが(笑))

 ②夏ルート 

私は「西立川口」から入園するので、乗るとしたら
迷わず「レイクサイドレストラン前」へ行きます。

もし「運行ルート」を知らずに居たら、「来ないな…」
と、いつまでも待っていたかもしれません!(夏には行かないけど)

 

「パークトレイン」に乗る場合は、「運行ルート」のチェックを忘れずに!

icon-arrow-circle-right昭和記念公園公式サイト「パークトレイン」について
  こちら

 

 

料金

パークトレン
 料 金

 

 

通常料金(1回下車無効)
・大人(15歳以上)…310円/回
・小人(4歳以上中学生以下)…150円/回
 閑散期(一日乗り放題)
1日フリーパス券 
・4歳以上 … 510円


シルバーパス券 

・65歳以上… 400円

3月から11月までの平日のみの販売。
12月から翌年2月までは毎日販売。
混雑時には平日でも販売を中止する場合あり。

「フリーパス」は利用できない時もあり、
の時期のみ販売(利用可)なので注意しましょう!

通常は1回下車したら、また次に乗る時にチケットを買います。

 

 

 

乗り方

バスと同じく「停留所」(パークトレイン乗り場)があります。
(上述のように「ルート」によって停まらない停留所もあるので注意)

「みんなの原っぱ停留所」(原っぱ東側)

「こどもの森停留所」(車内から撮影)

乗降も普通のバスと同じ感じです。

 icon-check-circle 停留所で待ちます。

 icon-check-circle パークトレインが着くと、係の人が下りてきて、
   まず
乗っている人を下します。

 icon-check-circle 係の人からチケットを購入し、指示に従って
   空いている席に乗車。

 icon-check-circle 下りる時もバスと同じで、ブザーがあるので押し、
   着いたら係の人がドアを開けてくれます。

混雑している時は、
「相席」や「同伴者別々の席」になることもあります。

これもバスと同じなのですが、
満員でもう乗れない状態の時は通過されてしまいます。。。

 

車内

車内から撮影した「パークトレイン」です。

柱にブザーがあります。

窓は開いているので(というか無い!)、開放的で気持ちいいです♪
雨や強風除けにビニールのカーテンが設置させています。


一部、向かい合わせのボックス席があります。

1番前に乗った時はこんな感じでした(笑)

何か、普通の電車でも1番前って、ちょっと気分が違います。

写真はありませんが、最後尾車両は座席がなく、
バギーカーを置いたり、車椅子の人も乗ることができます

 

 

 

「パークトレイン」5台の名前

5台のパークトレインに名前はなかったのですが、
2018年の3/24~4/8まで愛称を一般公募して4/28に決定したばかりです。

①「どんぐり号」②「チューリップ号」
③「あじさい号」④「けやき号」⑤「あおぞら号」

 

◆余談ですが・・・。
「昭和記念公園」のTwitterでたまたま見たのですが、

「一生懸命考えてくれたのは大変うれしいのですが
採用しにくかったネーミング4選」
①「よさく」③「ローカルトレイン」④「ものれーる」⑤「みたことある」

①「よさく」…わからなくもない!(笑)
⑤「見たことある」→機関車トーマスのことだろうなぁ(笑)

 

アクセス


電車の場合、比較的近い入口は「西立川口」「立川口」です。

その他、
営業日、営業時間などは季節により変更になったりします。
また、毎年「無料入園日」などもあるので詳細は公式サイトで確認してください。

 

西立川口

電車の場合、
駅から1番歩かなくて済むのがJR「西立川駅」です。
駅を出たら見えます。(徒歩2分)

 
・「水鳥の池」(ボート乗り場)
・「レインボープール」
・「レイクサイドレストラン」
 
などに行くには「西立川口」からが近いです。

 

あけぼの口

 
JR「立川駅」(又はモノレール「立川北駅」)からだと、
やっと着いた!と思ったら「あけぼの口」です。

ここはあくまでもゲートのみという感じで
入園料等の販売はしていません

入園(入園料)、サイクルセンター等は更に歩いて
「立川口」まで行かないといけません。

「あけぼの口」には

・「総合案内所」
・「昭和天皇記念館」
・「花みどり文化センター」
・「ゆめひろば」

などがあります。

 

 

立川口

「あけぼの口」から更に5分ほど歩き、やっと「立川口」です。

・「ドッグラン」
・レンタサイクル「一輪車」(立川口のみ)
・「ぎんなん茶屋」
・「カナール」(イチョウ並木・噴水)
・「ふれあい広場」
・「ふれあい広場レストラン」

などがあります。

園内に入る前に食料などを調達するには
デパートなど色々ある立川駅が便利ですが、基本

JR「立川駅」から1駅の「西立川駅」がお薦めです!

 

まとめ

 

一度行ったら、リピートしたくなる「昭和記念公園」!
「開花状況」や「イベント情報」「変更」等いろいろと
サイトに詳しく随時掲載されているので、チェックしながら訪問してみてください♪

所 在 地 東京都立川市 緑町3173

交通機関

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【電車】

※A~Eは「園内マップ」と連動

【車】
・中央自動車道国立府中ICより8km。
中央自動車道国立府中IC下車。
国道20号線を立川方面へ。
日野橋交差点を右折。

駐車場

「立川口」「西立川口」「砂川口」の3ヶ所
(営業時間は公園の開園時間と同じ)

【料金】

・大型車 1,750円
・普通車  820円 (年間パスポート提示 720円)
・原付・自動二輪車 260円 (  〃  210円)


【台数】

「立川口」
 ⇒ 大型車(83台)・普通車(1,755台)・自動二輪車(70台)

「西立川口 」
 ⇒ 大型車(なし)・普通車(345台)・自動二輪車(40台)

「砂川口 」

⇒ 大型車(10台)・普通車(431台)・自動二輪車(18台)

営業時間

【3/1~10/31】 9:30~17:00
(プール営業期間の8月第3日曜日までは19:00閉園、
 第3日曜日の翌日以降は18:30閉園)
【11/1~2/末日 】9:30~16:30
【4/1~9/30の土・日・祝】 9:30~18:00
(プール営業期間は上記のとおり)

【休園日】
・年末年始(12/31・1/1)
・2月の第4月曜日とその翌日

入 園 料

 

◆入園料
・大人(15歳以上)  450円 (団体290円)
・小人(小・中学生)  無料 ( 〃 無料)
・シルバー(65歳以上)210円( 〃 210円)
※団体は小学生以上20人以上
 
◆年間パスポート
・大人 4,500円
・小人  無料
・シルバー 2,100円

レンタ
サイクル

大人(15歳以上)
・3時間…410円 (30分ごとに70円)
・1日券…520円

小人 (中学生以下)
・3時間…260円 (30分ごとに30円)
・1日券…310円

パーク
トレイン

通常料金(1回 下車無効)
・大人(15歳以上)310円/回
・小人(4歳以上中学生以下)150円/回
 
閑散期(一日乗り放題)
・一日フリーパス券 (4歳以上)510円
・シルバーパス券(65歳以上) 400円

3月から11月までの平日のみの販売。
12月から翌年2月までは毎日販売。
※混雑時には平日でも販売を中止する場合あり

問合わせ 昭和記念公園管理センター 
☎ 042-528-1751


icon-arrow-circle-right昭和記念公園公式サイト
  こちら

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村


街並み巡りランキング