コスパ良すぎるアイブロウペンシル資生堂「眉墨鉛筆」

コスパ良すぎるアイブロウペンシル資生堂「眉墨鉛筆」

眉毛を描くのって、けっこう難しいですよね。

ちょっと形を整えるだけの場合はまだしも、
しっかり描くとなると。。

高いアイブロウペンシルを使ったからと言って、
描くのは自分なので、上手く描けるとは限らないし。

でも、安い眉毛描き(←この言い方)だったら、
メイク初心者の人は練習にもなるし、
髪の毛の色を変えた場合、髪の色に合せて何本か揃えられます♪

安いのに優秀だったら、言うことなし!
そんなアイブロウペンシルを紹介したいと思います。

 

Advertisement

 

資生堂「眉墨鉛筆」について

今使っているアイブロウペンシルは、
「資生堂」なのに信じられない価格です。

1本 200円!(税抜)

初めて見た時、「資生堂だし1,200円の間違い?」
と思ったくらいでした(笑)

こんなに安いのに超優秀です。

安いのにMADE IN JAPAN、「日本製」です

 

過去に他のメーカーなど色々使ってみましたが、
「硬くて描きにくい」「硬いから痛い」「すぐ折れる」
というものもありました。

 

私は眉毛にそこまで気合を入れていないので、
今更他の物を買う気も全くありません。

ここまでコスパのいいのは無いのでは???

サイズ

長さ)106mm×(奥行き)10mm×(幅)10mm

けっこう短いです!

だから、持ち運びにも便利だし、
持ちやすいので描きやすいです。

 

重量は1.2gと書いてあります。

 

キャップが本体に対してけっこう長めです。

短くなって使いづらくなったら、
キャップを後ろの方に付けて使えば便利です。

 

Advertisement

 

色の種類

ブラック① グレー④ ダークブラウン② ブラウン③
1959/10/21発売 1965/1/21発売 1959/10/21発売 1959/10/21発売

「ブラック」「グレー」「ダークブラウン」「ブラウン」の4色展開です。

私は普段「グレー」を使用しています。

ちょうど短くなったので、「グレー」と一緒に
「ダークブラウン」も買ってみました。
(上の写真だと、芯だけではどっちがどっちかよくわかりませんね(笑))

「グレー」と言っても、黒に近いので、
黒ほどベタっとした色にならずいいです。

あまり濃すぎて眉毛ばかりが目立っても困るので…。

確か初めて買ったのは「ブラック」だったと思いますが、
ちょっと濃すぎて不自然になりそうで「グレー」にした記憶が…。

今は髪の毛が茶色ではないので、
白髪染めはダークブラウンとはいえ、黒に近いので
単色で使わずに「グレー」で描いた後に端の方に
使ってみようと思います。

 

成分

「眉墨鉛筆」の成分は色によって違うようです。

 

「グレー」の成分

モクロウ、ステアリン酸、パラフィン、ワセリン、
カルナウバロウ、トコフェロール、酸化チタン、
カーボンブラック、酸化鉄

 

 

「ダークブラウン」の成分

ステアリン酸、モクロウ、ラノリン、水添ヒマシ油、
スクワラン、トコフェロール、酸化鉄

 

「ブラック」「ブラウン」の成分

参考までに…

◆「ブラックの成分」
モクロウ、ステアリン酸、タルク、パラフィン、
ワセリン、酸化チタン、カーボンブラック


◆「ブラックの成分」
ステアリン酸、モクロウ、ラノリン、カルナウバロウ、
水添ホホバ油、スクワラン、トコフェロール、酸化鉄

 

意外と歴史は古い!

「グレー」以外は1959年発売と歴史も古いです。

名前が「眉墨鉛筆」という所にも歴史を感じますが(笑)

 

でも、「アイブロウペンシル」より一目瞭然で
非常ーーーにわかりやすくていい!
「眉墨鉛筆」…眉毛を描く墨鉛筆タイプ

英語だと、目?眉毛? どっちを描くのだっけ?
と思うことがあるので。

 

使った感想(特徴)

 icon-check-circle 適度な芯の硬さ、柔らかさで描きやすい。
 icon-check-circle 最初硬いと感じても使って行く内に柔らかくなる。
 icon-check-circle 長さは短いけれど、かな~り長持ちする。
 icon-check-circle 繰出し式と違って、先が丸まって太くなったら
   シャープナーで削ればまた尖る(細くなる)
 icon-check-circle 短いので携帯に便利。
 icon-check-circle とにかく安い!

私は定価ではなく、近くのドラッグストアで140円(税抜)で
購入していますが、200円でも「え?」なのに、140円って・・・。

本当にコスパが良くて描きやすいです。

 

購入場所

取扱いしていないドラッグストアもけっこうあります。

また、取り扱ってはいても、置いてある場所がわかりにくい所が多いです。

 

壁やラックにぶら下がって置いてあったりするので、
見つからない時は一度店員の人に確認した方がいいと思います。

いつも買う所ではないドラッグストアでは、
見つけられず、訊くことが多いです。。。

ネットでも販売

ドラッグストアやコスメショップなどで
どうしても見つけられない時はネットでも購入できます。

200円と非常に安いだけに送料を考えると、
他の物と同梱にしないと単品購入ではもったいないですが…。

逆にポイントが貯まっている人は、
それで購入できるのでいいかもしれません。

 

 

最後に…

資生堂というブランドで、眉墨(鉛筆タイプ)が
200円で買えるという。

安かろう悪かろうだったら私はリピートしませんが、
まさにこのブログの主旨コスパの良い物、「安くて良い物」!

安物買いの銭失わず!です。

 

色ですが、
茶色に染めていても黒に近い髪の毛の人は
「グレー」が無難ではないかと思います。

眉毛が密集していて濃い人は黒でいいと思いますが…。

4本買っても1,000円行かないので、
試しに他の色を買ってみてもいいかもしれません。

 

「購入場所」でも書きましたが。
ドラッグストアでも見つけにくいかもしれないので、
店員の人に訊いた方が早いと思います。

 

使ったことがない人は一度使ってみてくださいね~♪

 icon-arrow-circle-right 資生堂公式オンラインショップ ⇒ こちら

 

【余談】
ど~でもいいことですが・・・

写真撮影する時、ペンシルの向き、逆で撮りにくかった~!

私は普段キャップを取る時は左手で取るので、
この形、向きが普通なんだけどなぁ(笑)

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村


メイク・コスメランキング