平成最後の日、平成を振り返りつつ、なぜかHarbot(ハーボット)を思い出す

平成最後の日、平成を振り返りつつ、なぜかHarbot(ハーボット)を思い出す

2019年4月30日、平成最後の日。

皆さんにとってはどんな年でしたか?

 

1989年1月8日、昭和から平成に変わり約30年。
あっという間だったような気がする。

ざっと振り返ってみると、
平成は人生初のことをたくさん経験した年でもあり、
リアルでもバーチャルでも人との出会いが多かった年かな。

 

東京で生まれたものの、高校生の途中で転校し、
平成元年に東京に戻ってきて初の一人暮らし。

結婚もしたし、またまたお一人様に戻って自由気ままに
なったし(笑)、入院もした。

昭和の時、まさにドンピシャ世代でテレビで
見ていた人達がどんどん亡くなってしまったのも
この平成の時代。。

西城秀樹は特にショックだったけど

ココで私のプライベートを色々振り返って書いても
しょうがないので、ネット上のことを。

 

Advertisement

 

平成になって昭和と大きく違ったのは、
「ネットでの出会い」かなぁ。
(出会い系じゃございません(笑))

そんな出会いを思い出していたら、
久々にHarBot(ハーボット)が恋しくなった!

ホームページやブログなど、ネットとの関わりを持つように
なったのが2001年から。

そこで、Harbot(ハーボット)なるブログパーツに出会い、
ハボ友さんたちと楽しい時間も過ごしたっけ。

ゲームやこの手のものにははまらないはずだったのに、
すっかりハマって無料で遊べたのに物足らなくなり、
月々300円まで出して有料サービスを受けたハーボット。

無料だとフレームの上に広告が入っているし、
その他受けられないサービスがあったので。
(有料版と無料版の2つも設置)

2001年からSo-netで始まったサービスで、
私は2003年頃からハーボットを設置。

最初見た時は無愛想で可愛くない!と思い
半年スルーしていた。

でも、訪問するサイト(当時はホームページが主流)に
付いているのを見ている内にいつの間にか付けてみたくなり・・・。
昔、車を買った時と同じ! 
本来好きな形ではなく嫌い、嫌だと思っていた車を
いつの間にか良く見えてきて買ってしまったという。
しまいには○○ちゃんと呼ぶ始末(笑)

 

ハーボットは無料でもかなり楽しめた豊富なコンテンツ
に加え、今思うとあの当時でこの機能、技術は素晴らしいと思う。

あんな小さなBOXなのに

 icon-chevron-circle-down アクセスカウンター
 icon-chevron-circle-down アクセス解析
 icon-chevron-circle-down 訪問者数
 icon-chevron-circle-down キリ番
 icon-chevron-circle-down ゲーム6種

※ゲームはカート・カード・ホッケー・黒と白・ボウリング・スター☆ウォーク

 

現在リアルに訪問している人の数を星★で表したり。(最高11個までですが)

訪問者が名前を登録しておいて、キリ番を踏むと
駆け寄ってきて、名前を呼びながらお祝いしてくれたし、
ボタンを押すと「○○さん、こんにちは」と声掛けしてくれたり。

キリ番を踏むと普通に近寄ってきてキリ番だー!とお祝いしてくれたり、
イベントをセットすれば、こんな感じでお祝いもしてくれました。
(歌ってくれたり、マジックやったり、花火だったり、この後も続きます)
管理人モードでログインすると
誰がキリ番を踏んだか報告してくれました。

他にも、ココには書ききれないくらいのコンテンツ、
機能がテンコ盛りの上、管理人だけではなく、訪問者も
楽しませてくれたかなり優秀なパーツ。

 

管理人には毎月季節に合ったイベントもたくさん披露して
くれたハーボット。


本当は最初の画像のように全てフレーム付ですが、
ハーボット専用キャプチャーを開発してくれた素敵な
ユーザーが居て
「フレーム付」と「フレーム無し」を
選択できる優れもの。
基本は画像を少しでも軽くするため
「フレーム無し」で撮影していました。

誕生日になるとお祝いもしてくれました(笑)


ピンクの部分は管理人名

グッズを購入し、付いているキーワードを入力すると
アイテムも付与されたり。

お中元、お歳暮の時期にはユーザー同士でプレゼントができたり。

貰った物を開けるしぐさも可愛かったし、わざわざ目の前に掲げて
見せてくれるのもカワイイ(笑)

何がカワイイって、

「読むね」と言っておきながら、長いから省略って(笑)
25文字以内だとちゃんと読むという。

 

ゲームも点数の記録が残るようになっていたし、
ゲームに負けた時のHarbotの表情とか、
ホント、かわいかったなぁ。


負けた時の表情


「勝った!」と言ってる

その他、ぶっきらぼうな言い方、謎の中国人かっ?と 
いうような平仮名、助詞のないセリフも好きでした!

「ちょっとまつ」「やた」「かた」と「っ」無し言葉とか特に好き(笑)

カワイイ表情ももちろんしましたが、ぶっきらぼうな方が好きだったな。

 

とにかく楽しめ、そして癒されたのに2008年7月31日に終了。。。

 

当時と違って、ブログやTwitterなどSNSが普通に
利用されている今だからこそ、是非是非復活してほしい!

 

Advertisement

 

その後、ホームページからamebaブログに変わったのを機に
アメーバピグ、ピグライフの2つをやっていたけど、
これもPC版は2019年12月3日で終了という。。

ハーボットはあの当時にしては素晴らしく画像が綺麗で
動きもスムーズで開発者の遠藤氏のレベルの高さを窺がうことができる。

これから新しいアイテムが出ると予告していた矢先の終了。。

大人の事情なのでしょうけど、本当に残念でした!

 

ピグも画像など色使いも綺麗だし技術は凄いと思うけど、
いかんせん運営の仕方に問題ありでそれが残念!

 

…と、平成を振り返ったら、Harbotを思い出し、
なつかしく画像を色々見ていた平成最後の4月30日。

 

ホームページ主流だった頃と違い、ブログや
Facebook、TwitterなどSNSが盛んな今だからこそ、
そして世知辛い世の中だからこそ、是非こういう
ブログパーツHarbot(ハーボット)に復活してほしい
と切に願います!

 

Harbot(ハーボット)で終わるのも何なので(笑)

顔の見えない人と交流を持つネットのバーチャルの世界。

怖いことも多いかもしれませんが、良い人もいるし、
たくさんの人達とネット上だけど交流を持てて、
情報交換もでき、普段とは違う世界を知ることができてよかったかな♪

 

実際、ハーボットの時などリアルでお会いした人も
何人かいたし、SNSなどネット上で知り合っても、
リアルでもつきあえることも又楽し♪

普段、リアル上では知り合うことのできない人達と
会話したり出会えることが、世界が広がって楽しい。

ただ、このTea遊のブログは「四方山話」以外の時は、
よそ行きの言葉づかいをしないとならないのが
ちょっとストレスですが(笑)
「四方山話」もこれでも気を遣って書いていますが。。