①(概要)便利!知らないと損する「Amazonフレッシュ」の「30日間無料体験」を利用してわかったこと

①(概要)便利!知らないと損する「Amazonフレッシュ」の「30日間無料体験」を利用してわかったこと

1つにまとめたかったのですが、part1、part2に分けました。

私はPCでの利用のため、紹介している内容は全てPC画面でのことになります。
スマホでの画面も基本的なことは同じだと思うので、参考にしてください。

この記事を書くにあたって、会員解約のことやクーポンのことなど、
ヘルプを見ても曖昧な内容はカスタマーサービスに何度も確認しました。

 

Advertisement

 

はじめに

part1ではまず、
「Amazonフレッシュとはどういうものか?」
「会費」「配送エリアについて」などの概要をはじめ、
「知ったきっかけ(通常のAmazonだと思って買おうとしていた)」など、
全く知らずに利用したからこそわかったこと、注意点などを色々まとめてみました。

特に配送エリアは、まだ範囲が狭いため、
誰でも利用できるわけではないこともわかりました。

・利用するための最低条件
・配送エリアかどうかの確認方法
・「無料体験」を利用するにあたっての注意点

など、まずはこちらのpart1から読んでみてください。

 

part2では、
「Amazonフレッシュ」で実際に買い物した時の様子を、
次のことを中心に、まとめてみました。

・「30日間無料体験」の登録の仕方、解約の仕方
・「Amazonフレッシュ」の注文の仕方
・割引・クーポンについて(使い方)
・届いてみての商品の感想

などについて図解入りで詳しく書いています。
【実践編】という感じでしょうか。

 

*━━━*━━━*━━━*━━━*━━━*━━━

きっかけ…「Amazonフレッシュ」とは知らずに…

前回記事の森永「バニラエスプレッソ」アイス
買おうと思った時には既に今期の販売は終了でした。(出遅れ!)

そのため、沿線のスーパーなどではもう売っておらず、
諦めていたところ・・・。

ネットで探してみたら、まさかのAmazonで購入できることを発見!

 

いつものように、AmazonのTOP画面から検索し、
いざ、買おうとカートに入れようとしたら・・・。

正直、「Amazonフレッシュ」の存在を知らず、
通常のAmazonだと思って進めているつもりでしたが、何かが違う(笑)

「数量」を入れる所がない!

カートへのボタンも「フレッシュを試す」となっています。

フレッシュ????

通常のAmazonとは違う???

このまま、ボタンを押して指示通り進めていきましたが・・・。

*━━━*━━━*━━━*━━━*━━━*━━━


通常のAmazonでの購入だと思っていたら違って、
この時初めて、
「Amazonフレッシュ」を知りました。
 ⇒ 「Amazonフレッシュ」ページ

 

結局、このアイスを買うためには、Amazonではなく、
「Amazonフレッシュ」に登録しないと買えないんだな…
ということだけはわかり、無料体験できるらしいので、
そのまま予備知識もないまま、購入しました。

この時点では「Amazonプライム」会員向けのサービスということも知らず…。

「Amazonフレッシュ」会員の登録だと思っていたら、
「Amazonプライム」と「Amazonフレッシュ」同時に登録していたことも知らず…。
(後でよく見たら「フレッシュ&プライム30日間無料体験」という名称でした)

 

無料おためしだからいいけれど、ある意味、危険な買い方をしたわけですが、
結果、届いた商品を見たら質、値段とも満足のいく内容で、
使い方次第では、かなり良いサービスだと思いました。

 

Advertisement

 

「Amazonフレッシュ」とは

icon-check-square 2017年4月から始まった「Amazonプライム」会員向けのサービスの1つです。
 (「Amazonプライム」と「Amazonフレッシュ」両方の登録が必要)

icon-check-square 「Amazonプライム」「Prime Student」会員、及び「その家族会員」が利用できます。

icon-check-square 生鮮・食品・飲料・お酒や日用品・雑貨などを
 朝8時~24時の2時間ごとの希望時間に、まとめて配送してくれるサービス。
 (「常温」「冷蔵」「冷凍」別に分けて梱包し、まとめて配送)

icon-check-square 最短で「当日」または「翌日」に配送

icon-check-square 素材別の検索はもちろん、「ミートキット」もあり、「新鮮市」「専門店グルメ」
 「レシピから買い物」など豊富なカテゴリーから商品が選べます。

 
いわゆるネットスーパーという感じですが、

最短で当日翌日、そして朝8時~24時までの間で
配送してくれるというのが、ユーザーとしては非常に助かります♪

色々なカテゴリーから選べるので、けっこう楽しいです。

 

【重要】利用するための最低条件

「Amazonフレッシュ」はAmazon会員なら誰でも利用できるわけではありません。
2つの最低条件があります。

icon-check-square 「Amazonプライム」会員であること
icon-check-square 「配送対象エリア」であること

 

いくら「Amazonプライム」会員でも、配送エリア対象外だと利用ができません。

現在は「東京都」「神奈川県」「千葉県」の一部エリアです。
まずは配送エリアかどうかを確認してみた方がいいでしょう。(後述)

 

会費について

今回、私は「Amazonフレッシュ」「Amazonプライム」の両方
「30日間無料体験」を利用したので会費はかかっていません。
本来は下記のように2つの会費がかかります。

「Amazonフレッシュ」も本来、月額500円(税込)の会費です。

 

「月額」で計算すると、以下の金額がかかります。

「Amazonプライム会員」 ⇒ 400円
 (又は「Prime Student」) ⇒ 200円)

「Amazonフレッシュ」 ⇒ 500円

1ヶ月合計 900円(「Prime Student」は700円)

 

「Amazonフレッシュ」に関しては、
Amazonも、まずは「30日間の無料おためし体験」の利用を薦めているので、
配送対象エリアの場合、この機会に是非利用してみるといいと思います。
「Amazonプライム」はいつでも無料体験ができる訳ではないので注意!

 

送料について

送料は500円かかりますが、
6,000円以上注文すると送料無料になります。

また、「Amazonフレッシュ」は、
「初回限定クーポン」や「期間限定割引」など
色々な特典もあるので、上手く利用すると送料分が無料になったりします。

初回にコードを入力しないと利用できなかったり、注意点もあるので、
後述『10. 期間限定割引やクーポン』でも触れてはいますが、
詳しくpart2『 お得な割引クーポンをチェック』 で紹介しています。

実際、私は今回500円割引を利用し、送料は実質無料でした。

 

「Amazonフレッシュ」の配送について

・直接商品を渡されます。

 icon-exclamation-triangle 不在の場合
商品を持ち戻り、注文代金を返金されます。

「再配達はしない」ので注意しましょう!

・置き配サービス、宅配ボックスへの届けもしていません。

鮮度が売りなので、当然の対応かと思います。

 

注文確定後は、届け時間と届け先の変更はできないので注意しましょう。

・尚、通常のAmazonや他サービスでの購入と違って
「Amazonフレッシュ」のみ、
出荷準備が始まるまでの間、商品を追加することができます。

※追加可能な場合は「この注文には商品をさらに追加できます」との表示が出ます。

 

「Amazonフレッシュ」配送対象エリア一覧

「Amazonフレッシュ」のヘルプにある現在の
「配送対象エリア」がわかりにくいので、まとめてみるとこんな感じです。


※各図クリックで大きくなります

現在は「東京都」「神奈川県」「千葉県」の
一部エリアですが、引き続き拡大予定らしいです。

水色の「一部エリア」というのは、
例えば「渋谷区」「杉並区」の中でも「配送対象外」のエリアもあるということです。

届け先の「郵便番号」を入力すれば対象エリアかどうかがわかります。

配送対象エリアかどうかの確認

「Amazonフレッシュ」TOP画面 
左上の「お届け先」で郵便番号を入力して確認ができます。

特に「一部エリア」が対象の区や市は、必ず確認を!

「ログインしている」「ログインしていない」場合で
微妙に違うので、参考にしてみてください。

 

ログインしていない場合

①まずは「Amazonフレッシュ」TOP画面 に行きます。

「カテゴリー」→「Amazonフレッシュ」を選択

 

②左上の「お届け先」をクリックして、出てきた画面に「郵便番号」を入力

なぜか元々「102-0082」となっていましたが、
そこに東京都の配送対象外の「中野区」を入れてみました。
           
  

「配送対象外」エリアの場合
「フレッシュは〒164-0001 中野区中野では利用できません。    
フレッシュ商品のショッピングを続けるには別のアドレスを選択します」

というメッセージが、図のように上から降りて表示されます。

 

配送対象エリアの場合は何も出てきません。(そのまま進めます)

 

 

最初からログインしている場合

私は常にログイン状態なので、気づきませんでしたが、
配送対象エリアだったため、何の問題もなく進んでいました。

もし、自分の登録住所が対象外だった場合は、
「カテゴリー」→「Amazonフレッシュ」で、
「Amazonフレッシュ」TOP画面 になった時点で、
左上の「お届け先」の下に次のように表示されます。


※私は既に「Amazonフレッシュ」に登録してから、この画像を作成したので、
「お届け先」の横が 「fresh」となっていますが、登録前は「カテゴリー」から始まっています。

           

「フレッシュはこの場所では利用できません。」と表示されています。

※この画面も「Amazonフレッシュ」を一度利用してしまっているので、
 「フレッシュで使用した最後の住所に変更しますか?」と出てきてしまっていますが…

 

違う住所に変更してみても、配送エリアじゃない場合は
同じようにメッセージが出ます。

このように「杉並区」は「全エリア」対象ではないため
利用できないエリアがあります(一部エリア)

 

icon-check 確認する時は、必ず最初にAmazon→「Amazonフレッシュ」の画面へ!

icon-check 配送対象エリアかどうか、ログイン、ログアウト中でも
 「Amazonフレッシュ」TOPページの、左上の「お届け先」で確認できます。

icon-check 配送対象エリアの場合は何も出てきません。(そのまま進めます)

 

Advertisement

 

「Amazonフレッシュ」会員登録について

ざっと「Amazonフレッシュ」について書いてみましたが、

届け先が配送対象エリアという確認ができたら、
会員登録の必要があります。

冒頭でも書きましたが、
「Amazonフレッシュ」は「Amazonプライム」会員限定のサービスです。

「Amazonフレッシュ」会員登録の前に、
「Amazonプライム」会員であること(登録)が大前提です。
「30日間無料体験」も登録が必要)

 

既に「Amazonプライム」会員の人

既に「Amazonプライム」会員の人は、
そのまま「Amazonフレッシュ」会員の「30日間無料体験」登録へ
わざわざ別途登録しなくても注文時に登録できます)

 icon-arrow-circle-right  詳しくはpart2『まずは「Amazonフレッシュ」の「30日間無料体験」登録』参照

.

現在「Amazonプライム」会員ではない人

「無料体験」期間が終わってしまった人
 ⇒ とりあえず「Amazonプライム」有料会員に登録(解約しやすい月額400円プランが無難)
 ⇒ 次の無料体験の機会が来るまで待つ。
(「無料体験」は1回だけではなく1年に1度位あり、私は過去にも何回か無料体験を利用しました)

まだ「無料体験」期間を利用していない人
 ⇒ 「Amazonプライム」会員の「30日間無料体験」を利用。
 ※登録は「Amazonフレッシュ」と同時にできます。

icon-arrow-circle-right 詳しくはpart2『まずは「Amazonフレッシュ」の「30日間無料体験」登録』参照

 

・「Amazonフレッシュ」で何か買いたい物がある人
・「配送対象エリア」の人

「Amazonフレッシュ」は30日間無料なので、
ぜひ、この機会に利用してみるといいですよ♪(9/2までお得な割引あり)

 

 注意! あくまでも30日間だけの無料おためし♪という人

「おためし期間中」に解約
しないと(30日間過ぎると)
自動更新され月500円の有料会員に移行してしまうので注意しましょう!

また、「Amazonプライム」も同じで、
「今回だけ無料お試し」という人は
年間3,900円の有料会員に移行するので、解約を忘れずに!
※「プライム&フレッシュ」で同時に登録した場合、「Amazonプライム」の方は
 初期設定が「年間(3,900円/年)」になっています(月会費へ変更可能)

 

.

「30日間無料体験」だけで解約したい場合

 注意!で書いたように、
無料体験は30日間が過ぎると自動更新されるので、有料会員へ移行します。
もし、今回は無料体験だけで終了したい場合は解約が必要です。

期間終了前に解約すれば自動更新されません。

 

「Amazonフレッシュ」は「Amazonプライム」会員限定サービスのため
「Amazonプライム」だけ解約して「Amazonフレッシュ」だけ利用ということはできません。

「Amazonフレッシュ」は「Amazonプライム」とセットと思ってください。

 

 

「Amazonフレッシュ」を解約する場合の注意

結論からいうと、
「プライム」「フレッシュ」各々を解約をしなくても、
「Amazonプライム」を解約すれば、
「Amazonフレッシュ」も自動的に解約されます。

ただし、「Amazonフレッシュ」を先に解約した場合は、
 「Amazonプライム会員」の解約も忘れずに!

 

解約する具体的な方法については、
 icon-external-link 賢く解約!「Amazonフレッシュ」「Amazonプライム」無料体験を解約する方法
で図解入りで詳しく説明していますので参考にしてください。

うっかり解約を忘れてしまいそうな人、特に必見です!
30日過ぎないようにカレンダーに○を付けておかなくても大丈夫です!(笑)

 

「Amazonフレッシュ」の豊富なカテゴリー

「Amazonフレッシュ」のTOPページを見るだけでも、
「旬・新鮮市」「専門店グルメ」「レシピからお買いもの」など
とにかく色々なカテゴリーから商品を選択できます。

「専門店グルメ」は「Amazonフレッシュ」スタート当初は
聘珍樓や下鴨茶寮なども入っていたようです。

「野菜」「肉」「ペット用品」などの細かいカテゴリーからも選択できます。

私のようにそのものズバリの商品が欲しい人は、
「Amazonフレッシュ」TOPページ1番上の「検索バー」に
「森永 バニラエスプレッソ」と入力して探してもOKです。

 

とにかく、色々な角度で商品を見ているだけでも楽しくなります♪

.

期間限定割引やクーポン

「初回限定3,000円分(1,000円×3))クーポン」や
「期間限定の割引」もあるので、チェックしてから購入しましょう♪

これは知らないと損するので、利用方法など
 icon-arrow-circle-right 詳しくはpart2『 お得な割引クーポンをチェック』 を参照してください。

 

part1まとめ

冒頭でも書きましたが、 
アイスだけのつもりが、送料分の期間限定割引を使うため、
野菜等も買ってみましたが、非常に良い買い物ができました!

 

今回、「Amazonフレッシュ」「Amazonプライム」両方で
「30日間無料体験」を利用できたので良かったです。

でも、もし「Amazonプライム」の無料体験を既に利用していて、
今回使えなかったとしたら・・・。

「Amazonプライム」のみ月400円会員に1回だけなっていたかもしれません。

 

このアイス、沿線ではもう売っていない上に、売っていたとしても遠くの店舗。

この猛暑の中、歩く苦痛と手間、そこまで行く往復の交通費を考えたら、
400円は安いかもしれません(笑)

 

「Amazonフレッシュ」の方は無料体験でき、
期間限定割引を使えば送料はかからないし、家まで届けてくれるのだから・・・♪

 

実際の購入の様子、このアイスを買うために
・「Amazonフレッシュ」に登録、
・送料無料にするために割引を利用
・商品が届くまで
の様子は part2の実践編へ。

特にクーポンのことなど、ヘルプだけではわかりにくいことも
カスタマーサービスに確認しました。
知らないと損するので、どうぞ♪

 

 icon-arrow-circle-right  part2の記事はこちら

 icon-arrow-circle-right 「解約について」の記事はこちら